厚木で人気の住宅は一戸建てなのか、マンションなのかはっきりさせtましょう

下落率について

厚木に建てる一戸建てと下落率について

厚木に一戸建てを建てるというのは非常に大きな買い物です。首都圏は年々人口増加が進んでいますので時間が経てば経つほどに価格が上昇していくことが予想されます。

そのために買おうと思った時が買い時なのです。しかし長い人生は途中で何があるかわかりません。折角住宅を購入しても、何らかの事情でその地を離れなくてはならないということもあるでしょう。その様な懸念がある場合には念のために住宅価格の下落率というのを調べておくことも必要になります。

厚木という土地に限らず、一般的には一戸建てもマンションも購入した直後から価値は低下していきます。価格の下落率はその土地ごとに違いますが、購入直後に売却しても2割程度価値が低下しているのが一般的であると考えられています。そのため気をつけないと住宅を売却しても住宅ローンを完済することが出来ない場合もあるということです。このような問題については最初の段階から意識しておかなければなりません。

しかし厚木という土地は年々人口が増えている地域です。そのため住宅本体の価値が年々落ちたとしても、それ以上に土地の価値が上がっていく可能性も考えられます。

そうした場合には一戸建ての価値の下落率が土地の上昇率よりも小さくなるということも起こりうるのです。勿論それは非常に幸運なことですので狙ってできることではありません。しかし一戸建てを購入するのであれば何らかの可能性を検討して住む場所を決めるのが大切なことになります。

一戸建ての購入方法には分譲住宅と注文住宅があります。前者は一般的な要望の平均値を具現化した住宅になっていることが多いです。そのため非常に無難な作りで売却する時にも良い評価が得られるでしょう。しかし注文住宅でかなり凝った作りをした場合には買い手がつかなくなってしまうことも考えられるのです。

その様な問題があるので、売るかもしれない住宅であるのならばスタンダードな内装にしておくのが良いでしょう。一方注文住宅は個人的な好みを前面に打ち出すという方法を採用していることが多いと言われています。そのデザインが万人受けするものであれば良いのですが、もしもそうでない場合には買い手が少なくなることを理解しておかなければなりません。

中古の住宅というのはその住宅を活用しようとする大勢の人間の思惑によって値段が付きます。運が良い場合には新築で購入した時よりも高く売れるということもあるかもしれません。”

Copyright© 2018 厚木で人気の住宅は一戸建てなのか、マンションなのかはっきりさせtましょう All Rights Reserved.