交通事故で生じる慰謝料と示談金

慰謝料と示談金

交通事故で生じる慰謝料と示談金


交通事故の慰謝料は、加害者が被害者に支払う損害賠償金の一部で、交通事故で受けた精神的な苦痛を償う賠償金のことです。
交通事故の示談は、加害者と被害者が裁判所を仲介せずに、お互いに話し合うことによって自主的に紛争を解決することです。
何か特別な話し合いをするような印象を与えますが、交通事故の賠償金についての問題を解決する方法としては一番一般的なものになります。

交通事故の被害者に発生する損害全部をお金に換算すると、その交通事故の損害賠償金が割り出されますが、示談金は加害者と被害者がお互いに合意した損害賠償金の金額の事です。
損害賠償金の中には被害者の怪我の治療費や入院雑費、通院交通費などの実費や、被害者が会社を休んだ分の給料を補填する休業損害に加えて、被害者が負った怪我の精神的な苦痛に対する慰謝料も含まれています。

示談交渉は、加害者か、加害者が加入している保険会社が、被害者と示談金の金額を合意に至るまで話し合うことです。
金額をいくらにするのかを決める話し合いのため、被害者が負った怪我が完治したり、残ってしまった後遺障害の等級が決定してから始めることになります。
治療費や入院雑費などの実費については明確ですが、慰謝料は形にならない精神的な苦痛を話し合いで換算する不明確な金額になります。
示談金の相場は、ほぼ慰謝料の相場にあたり、交通事故の被害者は慰謝料の割り出し方の知識を持って交渉する事が大切です。

交通事故で加害者が被害者に支払う慰謝料や損害賠償金の金額は、三つの基準を使って割り出します。
自賠責保険基準は、自賠責保険で定めている基準のことです。
法律で基本的な補償額として定められているものなので、一番低い算定基準です。

任意保険とは自賠責保険だけでは補償しきれない損害が発生したときに備えてドライバーが任意で加入している保険のことです。
任意保険基準は、加害者が加入している保険会社が定めている基準のことです。
保険会社が独自に作っている基準なので、法的な強制力がありません。
自賠責よりは賠償金などが高く割り出されますが、裁判基準よりは賠償金などが低く割り出されます。

保険のプランによっては自賠責基準で割り出したときと、ほとんど変わらない金額が割り出されることがあります。
裁判基準は弁護士会基準ともいい、今までの裁判判決で下された賠償金額を基に弁護士が計算するときに使う基準のことです。
どの基準を選ぶかによって、賠償金や慰謝料の金額がかなり違ってきます。

Copyright© 2015 交通事故で生じる慰謝料と示談金 All Rights Reserved.