交通事故で生じる慰謝料と示談金

過去の傾向の比較

過去の傾向の比較は交通事故の慰謝料では大切

過去の傾向を比較して慰謝料を算出することは、交通事故では非常に重要になるので知っておいて破損はありません。基本的に、慰謝料の算出方法はそれぞれのケースによって大きく異なっており、被害者の怪我の状態によって金額に優劣をつけることが出来ます。しかし、実際にすべてのケースで状況を把握してから慰謝料を算出していたのでは案件を処理するのに時間がかかってしまっても効率的ではありません。そこで、ほとんどの交通事故の案件では過去に生じた同じような交通事故の案件と比較して慰謝料を算出するという方法が採用されています。特に、保険会社はこうした方法で示談金を提示してくることが普通であるため、知っておけば示談交渉の際に正しい対応をすることが可能です。

交通事故は、法律的には経時的な案件と民事的な案件に分けることが出来ます。慰謝料請求はそのどちらであっても行うことが可能ですが、一般的に刑事事件に発展するような事故を起こした加害者に対して高額な金額を請求することができるので、こうした基準も知っておくと便利です。刑事事件に相当する事故を起こした際には、過失の割合の殆どが加害者に存在することを証明する事にもなります。これに関しては被害者が直接的に証明しなくても警察が証拠を集めて証明してくれますのでこれを利用すればスムースに話し合いをすることが出来ます。

問題なのは、交通事故が民事的な案件に分類されてしまった時です。この場合には、被害者は弁護士を雇う前に自身で過失が被害者に存在しないことを証明しなくてはならなくなりますので、注意が必要になります。保険会社では、こうした民事の案件になった段階で示談金の算出に入りますが、その算出は現在の案件と比較して過去の案件を重要視する方法で行います。もちろん、過去の案件と似たような状況になっているからといって今回も同じような示談金で被害者側が納得する必要性はどこにもありません。納得ができない時には、証拠を集めて相手に過失があるということを証明することで容易に請求金額を上乗せすることが可能です。

過去の相場を参考に保険会社が示談金を提示してきた時には、その相場がほんとうに正しいのかを被害者自身が計算しておくことも重要です。弁護士を雇って示談交渉をするのが普通ですが、弁護士の中でも万能的に交通事故の法律的な知識を持っている人は多くはありません。自衛のためにも被害者自身が交通事故の知識を持っておくことが重要なのです。

Copyright© 2015 交通事故で生じる慰謝料と示談金 All Rights Reserved.