交通事故で生じる慰謝料と示談金

後遺障害の場合

後遺障害の慰謝料は交通事故によって判断する

交通事故で大きな金額を請求できるケースはそれほど多くはありません。中でも、後遺障害という障害を被害者を背負ってしまった時には、通常請求できる慰謝料の数倍から数十倍の慰謝料を請求することが可能です。交通事故は、普通の民事上のトラブルと異なって被害者がけがをする確率がものすごく高くなります。慰謝料は法律的には被害者の精神的な損失を金額化したものであると解釈されていますが、現実的に請求できる金額はほぼ必ず肉体的な被害者の損傷とリンクしています。そのため、肉体的な損傷の度合いが大きくなる交通事故では請求できる金額も自然と高くなる仕組みになっているわけです。

交通事故では、日常生活を普通に送ることが不可能になってしまうほどのダメージを背負ってしまうことがあります。こうした大きなダメージを残してしまうことを後遺障害といい、こうした状況になった時には慰謝料を支払う保険会社も特別な医療でお金を支払わなくてはならないようになっています。実際に、後遺障害になった時には普通の怪我では認定されない特別な階級が認定されます。この階級は交通事故では東急と言われており、等級認定を受けた被害者は通常で考えられるお金よりも遥かに大きなお金を請求することを認められています。

等級認定を受けるためには、後遺障害等級認定という認定をしてくれる機関にきちんと申請を行わなくてはなりません。交通事故で大 きな怪我を背負ってしまったと入っても、その大きな怪我の中にも程度というものは存在します。日常生活に支障が生じるレベルには全てで14級の段階が存在し、その階級によって保険会社から払われる金額が決定されます。重要なのは、こうした等級認定を受けて支払われる金額と通常の慰謝料請求の金額は競合しないということです。等級認定で支払われるお金は別個に支払われることになりますので、通常の計算で支払われる示談金なども問題なく払われるのでその点を理解しておきましょう。

交通事故の怪我の度合いを判断するのは病院だけではありません。病院では確かに治療にかかる日数や治療費を計算してくれますが、その他にも重い症状になった際には専用の手続きをしなくてはならないということを知っておくことが大切です。そうすることで、事故後の生活でも困ることがないくらいのお金をもらうことができますし、専用の手続きをしておけば万が一示談交渉が決裂しても裁判で有利な材料にすることができます。

Copyright© 2015 交通事故で生じる慰謝料と示談金 All Rights Reserved.